借りたお金の使用用途に制限はあるの?

銀行や消費者金融業者が行っているカードローンサービスの魅力としては、一般的な住宅ローンや自動車ローンなどのように使用できる目的が決まっていない点があります。
自由な目的のために借り入れが可能ということで、生活費に充てることも可能ですし、子どもの教育資金や結婚のための資金など様々な目的に使うことができます。
カードローンの申し込みをしたときには金融業者による審査が行われますが、近年ではアルバイトやパート、学生や主婦の方であっても借り入れ可能な条件の金融業者が増えていますので借り入れがしやすくなっていると言えます。

消費者金融業者の場合であっても、銀行と提携をしていたり、子会社として運営している会社が多いですので、日本全国どこに行っても提携先のATMやコンビニATMを使って利用できますので、便利に借り入れや返済ができるようになっています。
インターネット取り引きが可能なシステムを取り入れている金融業者であれば、ネット上から申し込みをして指定している銀行の口座に入金してもらうことができて、返済のときにはネット返済の方法で支払うことができるようになっていますので、1度も店舗や自動契約機まで行かなくても利用できる金融業者もあります。

ネット上で借り入れや返済の手続きをしたときには、手数料が無料で使える点も魅力です。
全てインターネット上で手続きを完了させることができるカードローンであれば、自宅の家族や知人に知られることなく利用できますので、プライバシーの面でも保護されます。
金融業者のサービスによっては、カードや利用明細書についてもオンライン上で行えるように設定できますので、自宅に郵便物が届けられる心配もなく使うことができます。

借り入れ契約のときには健康保険証や運転免許証などの身分証明書の提示が必要になりますが、必要書類の提出についても、スマートフォンのカメラで撮影した画像をメールに添付する形で送信することで提出手続きを済ませることができますので、利便性の高さもカードローンの魅力と言えます。